きのこライター tomotomokinoko

フリーライターが好きなように書いています。

これからの新しい働き方「リモートワーク」について考える

こんにちは tomotmokinokoです。

 

少しづつ台風が近づいてきていますね。

私の住まいは、伊勢湾台風で大きな打撃を受けた地域。

今回は中国・四国地方あたりを中心に、進んでいるようです。

最近では九州・四国・中国地方で台風など水害が多く発生していて、今回も大事に至らないことを願うばかりです。

 

 

f:id:tomotomokinoko:20180903104221p:plain

 

「リモートワーク」とは?

現在では政府が推進する働き方改革の影響で、これまで以上に多様な働き方が着実に増えてきています。個人的にはとてもうれしい傾向です。これまでは一般的だった「終身雇用制」を否定するわけではありません。やはり収入面での安定感は終身雇用で得られるといった考え方も一理ありますし。

 

さて、今回のテーマとしました「リモートワーク」。近年ではこうしたカタカナ表記の働き方が増えていますが、リモートワークというのはテレワークとも呼ばれています。似通った名前なのでわかりにくいですよね…。

 

リモートワークとは、ICT(情報通信技術)を使って時間や場所にとらわれることなく、柔軟に働く方法です。これまでは、満員電車に乗り込んで押し合いへし合い、会社に通勤して働くのが「当然」の世の中でした。就業規則に則り、8時間拘束、残業含めればそれ以上の時間を会社で過ごすのが「普通」と捉えている人も多かったのです。

 

事情によっては通勤が難しくなる場合「退職」を考える人も

通勤するのが「普通」であるならば、通勤できない事情が発生すれば仕事も続けにくくなる。と考えが及ぶのも仕方ありません。出産を控えた女性や家事・育児を両立する女性・家族の介護や自身の体調不良を抱えている人などは、おのずと「もう仕事を続けられない」と考えてしまうのが、これまでの退職理由のひとつにありました。

 

「できたら働き続けたいけれど、でも、できないよね…」なんて思いを抱えて、好きな仕事を続けることをあきらめざるを得ない人もいたのです。また、生活・収入面から「何とか働きたい!」と思っていても、継続して働ける環境がないがために泣く泣く辞めざるを得ない人もいたことでしょう。

 

「リモートワーカー」が企業の人材不足を救う??

f:id:tomotomokinoko:20180903114208p:plain

 

しかし、今回紹介したリモートワーク。これは企業に在籍していながらも、時間や場所を気にすることなく、働くことができます。例えば事務職などはパソコンなどICTを活用することで、企業へわざわざ出勤する必要はないでしょう。

 

今ではリモートワーカー・テレワーカーのため、営業所などとは別にサテライトオフィスを設け、「働きやすさ」をアピールしている企業もあります。現在の最新有効求人倍率(2018年7月)は1.63倍。バブル期のピークは1990年7月の1.46倍をはるか上をいく高水準を保っています。

(参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212893_00006.html

 

どこの企業も深刻な人材不足。労働者側の要望も盛り込み、リモートワークを推進していく企業もどんどん増えていくことでしょう。

 

ちなみに「在宅勤務」との違いは?

補足ですが、「在宅勤務」とは、リモートワークと同じように会社へ出勤することなく働く方法。就業場所が「自宅」に固定されているのが、リモートワークとは異なる点です。現在大手企業などは、在宅でもセキュリティ面で安心して使える社用PC環境を整備したうえで、「在宅勤務」制度を充実させるように進めています。実際に働いている企業にこのような制度があれば、労働者側にとってはありがたいですね。

 

在宅勤務の最大のメリットは、通勤する時間を短縮できるのはもちろんのこと、あらゆる事情によって「外出できない」人が家にいながら仕事を受け、完結させることができる点です。今の仕事を続けたいけれど、でも通勤しにくい環境に人にとってはうれしい「働き方」です。

 

個人事業主」もいいけれど、会社に所属したい人に適した「リモートワーク」

f:id:tomotomokinoko:20180903115018p:plain

 

私は個人事業主フリーライターをしています。これはこれで充実した働き方で、メリットもたくさんあります。けれど、自分でやらねばならないことも盛りだくさん!(またお話しできる機会があったら、別の機会に書きます)

 

確定申告(青色申告)やら税金などなど、事業としてのお金の計算も必要ですし、仕事の幅を広げたりブランディングも重要になってきます。そういうことを踏まえるなら、企業に所属しながら自由な働き方ができる「リモートワーク」は、子どもを持つママにとって「ぜひ選びたい」働き方のひとつになることでしょう。

 

最後に・・・

 

f:id:tomotomokinoko:20180903115637p:plain

 

今回は、いつもと違ってライターっぽい記事に仕上げてみました。

これまでの「あたり前」が「そうじゃなくてもOK!」になっていく過程において、はじめのうちは受け入れるのに抵抗があるかもしれません。けれど、数年後にはいつしか「あたり前」がすり替わっているということも往々にしてあります。

 

新しい働き方も、これからどんどん生まれるだろうし、これがのちに「居心地がよくて楽しい暮らし」につながることを願っています。

年賀状の子どもの写真。「あり」?「なし」?

 こんにちは

tomotmokinokoです。

 

 

今日は子育て関連の記事を執筆しています。

今日のお題は「年賀状の子どもの写真について」。

 

これって結構よく聞きますね。

あまりうれしくない年賀状のひとつに数えられているとか。

 

私はどちらかといえば「肯定派」。

 

f:id:tomotomokinoko:20180824195812j:plain

*これ、うちの子ではありません。

 

 

この写真を見て「可愛いなあ、癒されるなあ。」という印象です。

けれど、これは、やっぱり子どもを持つ母だからなのかもしれません。

 

 

もしも自分が独身でバリバリ働いていて・・・。

夫婦で妊活に頑張っていて・・・。

妊活を諦めて夫婦2人の生活を送っていて・・・。

 

 

もしもそのような状況だったら、今と同じ気持ちを抱いているのかどうか、

それはちょっとわかりません。

 

 

人の気持ちって難しいですね。

こうしていろんなジャンルの記事を書いていると、言葉が人に与える影響ってすごく大きいんだなと、改めて感じます。

 

記事を書くうえでさまざまなリサーチをしますが、いろんな人がいろんな記事を書いていて、いろんな思いが詰まっていて。

 

楽しいことも、うれしいことも、難しいことも。

 

 

f:id:tomotomokinoko:20180824200047j:plain

 

 

私はこれまで、ずっとライターだったわけではありません。

たまたま国語関連が得意だったから国文学科に入り、社会人としてずっと仕事をしてきて、たまたまライター業に出会った。それもまだ1年半くらい前のことです。

 

 

けれど、いろんな記事を書いていると、これまで知らなかった世界をたくさん覗くことができ、楽しく勉強になります。

 

年賀状の話に戻ります。「否定派」の意見は?

話はそれましたが、年賀状に子どもの写真を載せるのが「なし」の人のなかには、

 

・妊活で大変なのに他の家庭のことを素直に喜べない

・そもそも知らない子どもの写真なんて興味ない

・それほど仲良くないのに、子どもの写真をみても嬉しくない

 

なんて言葉もよく聞かれます。

 

まあ、確かにそうですよね。納得。。

 

 

こういう場合の対処法としては、

・身内や親戚など、ごく親しい人には子どもの写真入り年賀状を作成、送付

・ビジネスシーンや知人レベルの相手には、写真なしのベーシックなタイプの年賀状を作成、送付

 

という風に、2パターン用意するのがおすすめのようです。

 

f:id:tomotomokinoko:20180824200257j:plain

 

 

年の初めには、素敵な年賀状で気持ちのよいあいさつができるといいですね。

 

今はまだ8月ですが(;^_^A・・・、秋ごろには、一度検討してみてくださいね。

 

 

あふれる「三重への想い」。ありがとう近鉄特急の車掌さん。

三重はこんなに素敵

こんにちは

tomotomokinokoです。

今回は、特別お題「私のふるさと」について書いてみようと思います。

https://www.satofull.jp

 

f:id:tomotomokinoko:20180821131732p:plain

 

私は生まれも育ちも三重県

「住めば都」という言葉もあるように、どんな人だって住み慣れた場所が一番なのかもしれませんが、やはり私にとっては三重県がどこよりも一番です!

 

三重は南北に長く、北は桑名市、南は紀宝町まで南北はなんと約180キロ!

同じ三重県民でも、北部と南部に移動すれば、まるで他県と変わらないくらいの旅行感覚を味わえます。

 

そして、ナガシマスパーランド、アクアイグニス、伊勢神宮鳥羽水族館志摩スペイン村熊野古道赤目四十八滝などなど、多くの名所や観光地もたくさんある自慢のふるさとです。

 

そして、そんな三重で出会う人々もまた素敵な人ばかり。

 

過去にあったこんな出来事。近鉄特急アーバンライナー

数十年前、私が大学4年生の頃。まさに「超氷河期」と言われた時代。

就活・バイトに追われていた私は、名古屋での就職筆記試験がおわり、すぐさま地元でアルバイトのため帰らなければなりませんでした。

 

私が髪を振り乱してリクルートスーツで突っ走り、乗り込んだのは近鉄名古屋線の電車。

普通の特急だと思っていたその電車は、実は近鉄特急「アーバンライナー」。

 

近鉄をご利用の皆さんはご存知かもしれませんが、アーバンライナーとは、通常のオレンジ色の特急(22000系やビスタカーといわれる車種)のワンランク上をいく車両です。

 

普通の特急であれば、急行よりも少ない数の主要駅に停まってくれるので、私はその「特急」のつもりだったのです。

 

しかし、私が乗ったのは、名古屋・鶴橋・なんばの3駅しか停まらないという超特急ダイヤのアーバンライナーでした。アーバンライナーのなかでもさらに停車駅が少ないというある意味「奇跡」。。

 

大学4年でまださほどお金も持っておらず、しかもアルバイトに行かなければならないはずなのに、このまま鶴橋まで??

 

鶴橋がどこかもよくわからず(鶴橋にお住まいの皆さん、すみません汗)、とりあえず三重ではないことを察し、乗車してしばらくしてやってきた車掌さんに「乗り間違えた」ことを伝えました。

 

びっくりしていた車掌さん。当たり前ですよね。。。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HW20160702193715_TP_V.jpg

 

「一旦確認してきますので、少しお待ちください。」

確かそのようなことをいわれ、冷や汗をかきながら待っていたところ、緊急停車してくれるとのこと。

 

確か、「事情により○○駅へ停車いたします」といった旨のアナウンスが車内に流れ、まわりがざわつく…。

 

申し訳ない思い出で、予定では停まらないはずの江戸橋駅に停まったアーバンライナーから降りた私に向けられたのは、車掌さんの温かい笑顔。

 

精一杯の気持ちで、深々とお辞儀をすることしかできませんでした。

 

とりあえずはアルバイトに行けず、その日は就活のためと「白い嘘」をつき、欠席の電話をいれました。

 

この件については、しばらくの間、親ときょうだいにしか話せなかったことを思い出します。さすがに自分の間抜け具合が恥ずかしくて恐縮で、、、。

 

きょうだいからも

「電車ってほんの少しでも到着時間を遅らせてしまったら、賠償責任問題なんだよ!!」

などと、ひどく叱責されました。

 

それなのに、こんな私のためにスーパー特急アーバンライナーを停めてくださった車掌さんに、今でも頭が上がりません。。

 

 

話はそれましたが、、、三重に行くなら近鉄に乗ろう!!

 

この記事を書きながら、現在のアーバンライナーがどんな活躍をしているのか、ダイヤなどをチェックしてみました。

近畿日本鉄道|近鉄名阪特急時刻表/土曜日・休日ダイヤ

 

なんと!!昔、あったはずの、名古屋→鶴橋まで停まらないダイヤが見当たらない。。。(うまく探せていないのかもしれませんが)

 

私のような間抜けさんのために、中間地点の津駅に停まるようにしてくださったのかしら。

 

私が停車させてしまったのは江戸橋。津駅から2駅北で激近です。。

 

・・・・・・。 

 

いろんな複雑な思いが入り混じるなか、この記事を終わりにしたいと思います。

 

 

 

最後に、、三重は温かい人と素敵な風土に恵まれた場所です。

ぜひ、近鉄電車に乗って遊びに来てくださいね!!

 

f:id:tomotomokinoko:20180821132608p:plain

 

先日、取材に行ってきました。

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」

 

こんにちは。

tomotomokinokoです。

 

久しぶりにブログを開けてみたら、びっくり!!

2カ月以上放置していました。

コツコツ書いていこうと思っていたのに。

 

私は、他の人からの依頼には頑張れるのに、自分のサイトには力を注げないライターのようです。

 

話は変わりますが、先日地域の取材記事のお仕事でスイーツ店を訪ねました。

 

f:id:tomotomokinoko:20180726112958j:plain

 

めっちゃおいしそう!!!

 

購入はせず、写真とお話を中心にしっかりお仕事してきました。

先日、ようやく記事を仕上げて納品したばかりです。

 

甘いモノって、ある時ふっと、無性に食べたくなりますよね。。

 

ケーキ、食べたい。

食べたら、なんだかモチベーションが上がる気がする。。

 

と思いながら、手軽なチョコをつまむ私。

 

でも、この写真を見たら、少し気分が⤴した気がします!

 

午後からも頑張ります( *´艸`)

f:id:tomotomokinoko:20180726113730j:plain

 

子どもが胃腸炎になりました

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

f:id:tomotomokinoko:20180503193654j:plain

こんにちは

tomotomokinokoです。

 

ゴールデンウィークも真っ只中。

あと少し楽しく過ごしていきたいところです。

 

4月28日からはじまったGW前半戦。

潮干狩りに公園に。いくつか計画を立てていました。

 

ところが、28日の夜中に次男がぐずって寝づらそう。。。

「水、水」というので夜中に水を飲みに台所へ。

 

落ち着いたのか、布団に横になり、数分後。

マーライオンですよ、マーライオン

私はパジャマが吐しゃ物まみれになり、次男も大変なことに。

 

幸い、布団は防水シーツをしていたので難を逃れました。

長男はぐっすり熟睡・・・。

 

29日はみんなで潮干狩りの予定でしたが、次男は体を冷やすのもよくないだろうと思い、だんなと長男だけ潮干狩りに。

私と次男は家でお留守番。。

 

それから・・・。

次の日、少し落ち着いたかな?と思っていたのですが、朝ご飯を食べた後に

また、マーライオン

 

これはいかんということで、私と次男とで休日診療にいきました。

その間、旦那と長男は釣りに。

 

診察の結果、胃腸炎で胃のなかが荒れているとのこと。

うどんやおかゆなど胃に優しいものを食べるように。

薬はありません。とのことでした。5月1日は保育園は休むようにと。

 

下痢も発熱もなく、とりあえずは安静に過ごすことを大切にしました。

 

GW後半戦はどっかいきたいな~

今は元気な次男。ようやく復活しつつあるので良かった。。

明日は、だんなの実家でバーベキュー。

 

完全リラックスはできないかもだけど笑

5日は近場のお祭りに行く予定なので、それを楽しみに。

 

なんだかドタバタのGW2018です。。